長期投資と短期投資のメリット・デメリット

投資には短期間で運用する短期投資と、長期にわたって利益を待つ長期投資があります。それぞれのメリット・デメリットを比較して、自分の性格・ライフプラン・リスク許容度を考慮することが大切です。

この記事では、長期投資・短期投資の特徴について知ることができます!

目次

長期投資とは?

長期投資とは、3年〜10年以上金融商品を保有し、長期的な値上がりによる売買益を得る投資方法です。

「配当金」・「株主優待」・「複利」によるリターンを得ることができます。

「株式投資」・「投資信託」・「不動産投資」などがあります。

長期投資のメリット

日々の変動に一喜一憂しなくていい(精神的に余裕がある)

複利の効果が見込めるため、大きな利益を期待できる

売買頻度が低いため、手数料を低く抑えられる

株主優待・配当金がもらえるため楽しい

リスク分散ができるためほったらかしでよい(時間を自由に使える)

長期投資のデメリット

利益が得られるまでに時間がかかる

期間が長いので、価格変動のリスクもある

長期に保有することで運用コストがかかる

長期投資に向いてる人は?

投資初心者

将来的に資産の増加を求めている人(老後資金等)

会社員など日中に値動きをチェックできないひと

短期投資とは?

短期投資とは、秒単位〜数日間で金融商品を売買し、値動きを追って売買差益を得る投資方法です。

1日の間に取引を終わらせる「デイトレード」・数日間の間で取引をする「スイングトレード」があります。

「株式投資」・「FX」・「仮想通貨」など

短期投資のメリット

短時間で利益が確定する

短時間で大きな利益を得られる可能性がある

短期投資のデメリット

損失が大きくなる可能性がある

頻繁に値動きをみる必要がある(時間が奪われる)

売買ごとに手数料がかかる、手数料負けする可能性がある

株主優待・配当金がもらえない可能性がある

短期投資に向いてる人は?

投資中級者〜上級者

余剰資金があり、投資を楽しみたい人

まとめ

長期投資・短期投資それぞれのメリット・デメリットについて学んできましたが、自身のリスク許容度を把握し、生活資金とは別の余剰資金の中で投資することをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる